検索

舌のケア

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

皆さん歯磨きはきちんとしている事と思いますが、お口の中が乾燥しやすかったり、歯周病が進行していたり、喫煙習慣がある方は舌の汚れが付き易い傾向があります。

舌表面の汚れは舌苔と呼ばれ白、黄色、黒っぽくなってみえます、これはその名の通りお口の汚れにより細菌が増殖した細菌叢でまさに苔のようなものです。


舌苔は口臭の原因で良く挙げられますが、誤嚥性肺炎を引き起こす原因にもなります。良く施設に訪問で伺うと乾燥が強すぎてカピカピになってしまった舌を拝見する機会があります。この場合は丁寧に保湿ジェルで柔らかくしながら汚れを柔らかいブラシで削ぎ落とします。やりすぎると痛くなってしまうので優しく行うのがポイントです。

健康な方はそこまで固くなることはありませんが舌ブラシを使って良く湿らせてから前方に擦るように動かすと汚れがきれいになります。


舌ブラシもシリコン素材の柔らかいもの、歯ブラシのような毛先があるもの、ブラスチック素材のものなど様々な素材や形状のラインナップが揃っています。それぞれ使ってみて自分に合うものを選んで使う良いでしょう、舌清掃用のジェルも売っていますのでそれと併せて使用する効果的です。


やりすぎると粘膜が傷ついてしますので1日1回程度で充分ですのでやってみるとスッキリしますよ〜