検索

離乳食の進め方

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーションクリニックです。

離乳食の開始の目安としては身体的条件として

・ 吸啜反射が弱まる

・ 5秒以上座れる、首が座りコントロール出来る

・スプーンなどを入れても押し出しが少なくなる

・顎や歯槽骨が発達してお口の空間が広がる

・消化器官が発達する

・食事に興味を示す

と行ったあ項目が当てはまる5〜7ヶ月を目安にされていると思います。

食事形態もポタージュ状から舌で押しつぶせる固さ、歯茎で押しつぶせる固さ、歯茎で噛める固さと徐々に一日3食のリズムに整えていきます。

お口の動きも口唇を閉じて飲む動きから徐々に上下の唇をしっかりと閉じるようになり左右にも伸縮するように変化していきます。


内容を見ると高齢者の摂食嚥下障害と通ずるものがあります。(幼児は獲得していきますが、高齢者は病気などにより障害されていく)人の一生涯美味しく食べるを発達から最後まで支えていきたいと考えております。




  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

COPYRIGHT 2020 SAIMEIKAI ALL RIGHTS RESERVED.