検索

金属アレルギーと歯科治療

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

歯科の保険診療で使われる材料は強度の面から金属を使用する場合が多いです、歯の根っこの部分に使用する土台は銀を使用し、被せ物や部分的な詰め物には金銀パラジウム合金という材料を使用します。直接皮膚に触れているわけではありませんが、金属が口腔内で溶けてしまい全身に回ることによって皮膚症状が出る場合もあります。

金属アレルギーかどうかはパッチテストという検査を皮膚科などで受けることでどの金属にアレルギーがあるかを特定出来ます。お口の中が原因の場合もあるので中々皮膚症状の治らない方や痒みやかぶれの出やすい方は検査をしてみると良いでしょう。


金属アレルギーの診断があれば保険で金属を使わなくて済む適用範囲が広がりますのでお気軽にご相談下さい。

またアレルギーが無くても金属色が目立って気になるという方も保険適用の材料やセラミック治療などで対応可能ですのでご相談下さい。




  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

COPYRIGHT 2020 SAIMEIKAI ALL RIGHTS RESERVED.