検索

金属アレルギーと歯科

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

ネックレスやピアスなどの金属で皮膚がアレルギーを起こす方がいますが、歯科で使われる金属が原因で手や顔にアレルギーが出ることがあります。

歯科で主に使われる金属は銀合金と金銀パラジウム合金、コバルトが主に保険治療では使われ、口腔内に金属があると唾液に溶け込んで体内に取り込まれることによりアレルギー反応を示すことがあります。口の中でなく顔や手などに出ることが良くあります。


最近では保険適用の範囲が拡大し、金属を使わないCAD/CAM冠という素材で修復することが可能になりましたセラミックに比べると色調や強度は落ちますがもし皮膚科でのパッチテストなどで金属アレルギーの疑いがあった場合は金属を使わない治療を提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。