検索

親知らずが痛い

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

親知らずは18歳〜20歳前後に生えてくる最後の永久歯で日本人の多くは完全に生えてくることはなく、埋まっているか、少し頭を出したり、斜めに生えたりという状態が多いです。

完全に生えている場合でも上では顎の関節部分が邪魔をしたりして歯ブラシによる清掃がかなり難しくなります。

そうなると、周りの歯茎が炎症を起こして腫れてくることで痛みが出てきます、これを智歯周囲炎といいます。


治療法としては、まず周りをよく洗浄するのと炎症を抑える薬を内服して炎症を抑えます。これで一時的に痛みも腫れもおさまるのですが、上記で述べたようにまた汚れが溜まってくると痛みが出ることがあります。

また隣の歯にも虫歯菌や歯周病菌が溜まることが多くなってしまうので、虫歯や歯周病が進行することがあるので、その部分の痛みや腫れも出てくる可能性があります。


そういった理由で歯科医院では抜歯を薦めることが多いです。一度抜いてしまえばスッキリしますのでお悩みの方は一度相談してみると良いでしょう。