検索

歯を失った時の選択肢

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

虫歯や歯周病、歯の破折などで保存することが難しい場合にやむを得ず歯を抜歯する場合があります。歯を抜く前に考えた方が良いことが「抜いた後はどうするか?」です、親知らずなどの場合は噛み合う歯が無いケースが多いので抜いて終わりですが、殆どのケースの場合は抜いた後にブリッジを入れるか、入れ歯を入れるか、インプラントを入れるかの選択をする必要があります。

前歯で入れ歯だとバネが目立つのでバネなしの目立たない保険外のものもありますし、ブリッジで繋ぐ場合も支えとなる歯の状態も関わってきますし、インプラントをやる場合も骨の量が問題となります。

出来れば歯を抜く前に上記の選択肢を選んでご自身の口腔内や噛み合わせの状況をトータルで説明を受けた上で選択するのが望ましいです。

もちろん病巣の大きい場合や歯周病が波及する恐れがある場合は早めに抜いた方が良いですが、抜く前に問題点を把握して今後の方針が固まっていた方が長期的にもつ選択を出来ます。


「抜いた後どうするか?」は非常に重要なことですので、抜いた後に入れ歯しか出来ない、インプラントしか無いと言われないように事前にしっかり説明を受けましょう。