検索

歯がグラグラしてきた

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

歯は歯槽骨と呼ばれる硬い骨と歯根膜と呼ばれるクッションを介して繋がっています、この部分が何らかの原因で損傷を起こすと噛んだ時にトラブルを起こす場合があります。

一番多い例が歯周病により歯槽骨が溶けて歯を支える部分が減っていくことによって歯がグラグラしてくることがあります。

歯周病は初期の段階では殆ど症状が出ることが無く重症化するとようやく「歯茎が腫れてきた」「歯茎から出血する」「歯がグラグラする」「歯が浮いた感じがする」といった症状が出てきます。減ってしまった骨は再生治療と言って元に戻せる場合もありますが、条件が厳しい為現時点では殆どの症例で元には戻らない為これ以上進行させないと言った対応が基本となります。


では骨が減ってグラグラになってしまった歯の治療はどうするか?と言うとまずは歯周病の治療をしっかり行います、その後ある程度回復する場合もありますがどうしても噛めない場合は固定という方法を取ります。お口の中全体の歯が揺れている場合は難しいですが歯周病は部位によって進行度が異なるので、まだ揺れていない歯とボンドや金属で連結することでグラグラを抑えることが出来ます。

抜かないとダメなケースも多々ありますが、しっかり固定してケアすればまだまだ使っていけるケースもあるので思い当たる場合は早めに相談すると良いでしょう。




  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

COPYRIGHT 2020 SAIMEIKAI ALL RIGHTS RESERVED.