検索

嚥下造影検査(VF)

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

当院では嚥下造影検査という歯科医院では珍しい装置を導入して摂食嚥下障害の患者さんの診断に役立てております。訪問歯科では主に嚥下内視鏡検査と呼ばれるポータブルの器械を用いて診断に役立てておりますが、咽頭が収縮して飲み込む瞬間にホワイトアウトという現象により一瞬見えなくなってしまうので診断が難しい場合は嚥下造影検査も合わせて行うとより正確な診断が可能となります。


嚥下造影検査は様々な物性、量の検査食を用いて口腔から咽頭、食道までの食べ物の輸送をリアルタイムで視覚化する評価法で姿勢調整や食形態を変更して誤嚥や残留をどの程度まで軽減できるかの情報を得ることができます。

またむせ込みのない不顕性誤嚥が疑われる場合は嚥下内視鏡検査では飲み込む瞬間が確認出来ないのですが嚥下造影検査ではその瞬間も確認することが出来ます。

それぞれの検査をケースバイケースで適応して診断に役立てています。