検索

口腔ケアのタイミング

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

歯磨きは朝、昼、晩、一日3回行うことが推奨されています。一番重要なのは寝る前、寝ている間は唾液の分泌も落ちてお口の細菌が増えやすい環境になってしまうので、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。

またプラーク(細菌の塊)の形成には時間がかかるので食後すぐに磨いてもあまり効果は無いとも言われています。食前に行うと食事が不味くなりそうで、食後色々すぐにやった方がお口がスッキリして気持ちが良い気がしますが、誤嚥性肺炎の既往がある患者さんはお食事の前や直接訓練を行う前に一度口腔ケアを行った方がリスクは低くなると言われています。

なぜならお口の細菌と食事が混ざって体内に取り込まれるので誤嚥している場合はその細菌が気管の方に流れてしまうからです。

じゃあ食事の後はどうかというと、食べかすが残っているとそれが原因で細菌が増殖してしまいますので出来れば必要となります、あくまでリスクの高い患者さんのケースですが誤嚥をしやすい方は食前の嚥下体操と口腔ケアを行うことで誤嚥性肺炎のリスクを軽減できますので手間はかかりますがお試し下さい。




  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

COPYRIGHT 2020 SAIMEIKAI ALL RIGHTS RESERVED.