検索

再石灰化とは?

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

良くCMなどで聞く「再石灰化」とはどのような状態のことを言うのでしょうか、お口の中の歯はお口の中の状態によって溶けては再び固まるを繰り返しています、このバランスが崩れると虫歯になります。

食事をした後はお口の中の細菌が糖類をエサにして酸を産生させて、歯のエナメル質を溶かしてカルシウムイオンとリン酸イオンに分解します。この状態を脱灰と言い溶け出した状態になります、その後唾液の緩衝作用(お口の中の状態を保つ作用)により歯を再び修復します。この状態を最石灰化と呼びます。


歯科検診でCO(シーオー)と呼ばれる要観察歯の状態はまだ穴が空いていないけど少し溶け始めているよ、という状態でこの再石灰化が期待出来ます。

再石灰化を促進させるためには口腔内を清潔に保ち唾液の分泌を促したり、フッ素を利用するのが良いです。フッ素は再石灰化の時にフルオロアパタイトというより強い結晶を作りますので利用しないてはありません。


歯科検診でCOとなった方は虫歯では無いと安心しないで、お口のケアをしっかりと行いましょう!