検索

お餅以外も注意

こんにちは、さいたま口腔リハビリテーション歯科クリニックです。

嚥下障害と言うと誤嚥が思い浮かびますが、窒息のリスクもあります。

「窒息」というとお正月にお餅をつまらせる、というイメージですが、実は年中よく起こっていることです。

驚くことに年間で窒息事故で亡くなる方は、交通事故の二倍!という統計が出ています。

原因第一位はお餅ですが、続いて多いのはご飯やパン、普段からよく食べている物です。

特にパンは口の中で水分を含むと膨れるため、小学生が亡くなったケースもあります。

ある施設ではロールパンを出して、それをかじった方が窒息で亡くなり、裁判では「小さく切って出さなかった」施設側の敗訴となりました。

窒息事故を防ぐために

◯食べる前に見る(一口量が大きすぎないか)

◯よく噛む

◯食べている時に急に顔を動かさない

電話やインターホンが鳴って、慌ててしまい喉につまらせてしまう、ということが多々あります。

もし窒息が起きてしまったら腹部を突き上げるやり方(ハイムリック法)と背中を叩いて吐き出させるやり方があります、長時間の窒息は死に至りますのですぐに119番通報しましょう。




  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

COPYRIGHT 2020 SAIMEIKAI ALL RIGHTS RESERVED.